しまね伝統芸能祭2021「岩戸」


しまね伝統芸能祭2021ーハレの日ー(2021年9月23日)

会場:島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール

出演:益田東高等学校神楽部

撮影・編集:大武英樹(スタジオヤング)

神楽現代語訳:惠木勇也

英語字幕:澄川環


岩戸(いわと) 「岩戸」は石見神楽を代表する演目です。 太陽神である天照大御神は、弟・須佐之男命の乱暴に困り、岩戸に隠れてしまったので、世の中は闇に包まれてしまいました。そこで神々は相談し、岩戸の前で宇津女命を呼んで躍らせ、楽しそうに騒ぐことにしました。不思議に思った大御神が岩戸を少し開けたところを力持ちの手力男命が岩戸を開き、天照大御神を岩戸から出す事に成功します。そして、世の中は再び明るく平和な世界に戻りました。 宇津女命の踊った舞が神楽舞の始まりと言われています。


「石見神楽」は、島根県西部の石見地方に伝わる伝統芸能です。日本神話を題材に、笛、太鼓囃子に合わせて、金糸銀糸を織り込んだ豪華絢爛な衣裳と表情豊かな面を身につけて舞います。昔より地域の娯楽として秋祭りで演じられてきましたが、現在では年間を通じて石見各地で石見神楽を観ることができ、地域の人々に愛されています。 2019年5月、日本遺産に登録されました。