石見神楽×ダンス 創作レポート

ダンサー・振付家 藤田善宏氏

石見の奉納神楽を巡る

@笹川八幡宮奉納神楽(三谷神楽社中)

今福座×島根県立浜田ろう学校

和太鼓アウトリーチ

和太鼓で分かち合う喜び

@島根県立浜田ろう学校

 

 石見神楽×ダンス 創作レポート

「ダンサー・振付家 藤田善宏氏 石見の奉納神楽を巡る」

 @笹川八幡宮奉納神楽(三谷神楽社中)

2017年、2019年と2度の石見神楽とのコラボレーション作品を創り上げたダンサー・振付家の藤田善宏氏。

「しまね伝統芸能祭」オープニング公演として三度目のGF神楽(グラントワ×藤田×神楽)上演に向けて、実際に石見地域で行われる奉納神楽の見学を行いました。笹川八幡宮(益田市)にて三谷神楽社中の奉納を生で体験したレポートと石見神楽への思いをお聞きしました。

【しまね伝統芸能祭】プレイベント 石見神楽×ダンス「KUROZUKA」「IWATO」(2019年3月)

■Q1. 奉納としての石見神楽を体験されてどうでしたか?

(藤田)

神楽は今までは劇場でしか観たことがなかったのですが、今回初めて神社での奉納神楽を体験させていただきまた。劇場の観客席ではなくこじんまりとした畳の上にあぐらをかいて観るスタイル。

観に来られた皆さんに係の方が、お茶やお菓子、お酒やおつまみを振る舞ってくださり、観客の方々も大変リラックスしている様子が印象的でした。心からこの日を楽しみにしていらっしゃる感じの笑顔にこちらまでワクワクしましたね。

そしていざ始まってみるとやっぱりこの大迫力!舞手の一挙手一投足、息遣い、全てが伝わってくる。僕たち観客だけが楽しんでいるのでなく、舞手の方々も楽しんで踊っているようでした。

この日ここにいらっしゃる方々は本当に石見神楽が好きで好きでたまらない人たちなんだなぁと思いました。

■Q2. 一番興味深かった点、印象的だったシーンとは?

(藤田)

全ての演目が心から楽しめたし興味深かったのですが、幾つか挙げると、『黒塚』は、青年部のみなさんとやった演目なので、めくりが「黒塚」になった瞬間、ものすごく嬉しかったです。

法印さんと剛力の掛け合いがやっぱり面白い(ミスも笑いに変えてしまう)! 悪狐が途中で三浦之介と上総之介に詰め寄ったのですが二人とも妙に驚いた顔をしていたので、あれはひょっとすると悪狐のアドリブなのかも…?

『鈴鹿山』は、いただいた石見神楽のガイドには載っていない演目でしたので、もしかしたらレアな演目?

手下の鬼が4人出るのですが、舞うとそれぞれの個性が滲み出ていて、特に一番小さな面をつけた舞手のノリノリ、キレキレっぷりが素晴らしかったです!

ラストはやっぱり『大蛇』!正直広いとはいえない場所だったのに4頭も出てきた時は思わず声が出ました!

文字通り空間を埋め尽くす様は圧巻でしたし、人が操っているとは思えないくらい動きが大蛇そのものでした。

動き方絡まり方のバリエーションも凄かったです(大蛇は映像で何度か見たことがあるのですが、絡まり具合が

発展進化していた。この社中のオリジナルだったのでしょうか?)。

■Q3. ダンサー、振付家・演出家として刺激を受けたところは?

(藤田)

随所で見られたアドリブが面白かったです。セリフだけではなく舞や動き。そしてそれに動じず楽のみなさんが調子や終わりのタイミングを合わせている。これはある意味音楽でいうとJAZZかも。

また面をつけることで不思議と面の下の顔の表情、踊り手の個性、そして想いなど様々なパーソナルなものがより際立ってくるようで大変興味深かったです。

そして何よりも観客を楽しませようとするところです。お客さんがいる以上は何かしらエンターテインメントでなければならないと僕は思っていて、例えそれが伝統芸能でも現代的舞台でもその意識は絶対に必要だと改めて感じました。

■Q4. 石見神楽の魅力・伝統への興味として感じる部分は?

(藤田)

・なんといってもライブ感!!

舞手、楽の音の迫力たるや!生で観たら、生で聴いたらもう一度体感したいと思わせるしクセになる。よくある伝統芸能でしょ?なんて思っていたら全然違う!本当にまだ観たことがない方は、一度は体感すべきですね。

・物語性

石見神楽には30以上もの演目があるといいます。そのほとんどが神話や伝説、歴史を元にしたお話。ロマン溢れるものやスケールの大きなもの、可笑しく面白いものなど、様々なお話が脈々と受け継がれてきた物語。

どれも興味深いです。

・革新性

石見神楽は伝統を守りつつも常に進化していると思います。大蛇が代表的な例で、蛇胴は提灯をヒントにして生まれ、大蛇の目が光りだし、口から火や煙を吹きだした。昔は1頭だったものが大阪万博を機に8頭に、さらにその動きや絡まり方のコンビネーションがどんどん複雑に。そこからさらに各社中それぞれがオリジナリティを出してきて現在進行形で時代に沿った進化を遂げていくのだと感じました。

面作家の柿田勝郎さんの工房にお邪魔してお話を伺うことができたのですが、新しいことをやったら怒られたり笑われる、でも10年続けていけばそれが次の新しい伝統となる。まさしくその言葉通り。ジャンルは違いますが僕がやっているコンテンポラリーダンスにも通じる考え方です。

■Q5.

次回で3回目となるGF神楽(グラントワ×藤田善宏×石見神楽)ですが、

コンテンポラリーダンスと伝統芸能のコラボレーション創作において

どのようなモチベーションで挑む、挑んでこられたでしょうか。

(藤田)

やっぱりこのコラボレーションは最初に神楽の物語、世界観があってこそだと思います。その世界の中に僕たちコンテンポラリーダンサーがどう乗っかるか、さらに石見神楽はもうそれだけで完成されたものなので、いかに僕たちコンテンポラリーダンサーが悪目立ちせず溶け込めるか、ということを留意しました。

でもせっかくのコラボレーション。裏側として尽力するだけではもったいないので、ダンサーが混ざることによっていかに石見神楽の表現が膨らむか、効果的な交わり方ができるかを考慮しました。

まずは石見神楽の土台のストーリーを膨らませる演出をしたいと考えています。

例えば「岩戸」で天照大神が天岩戸に隠れるのは日本神話の中では須佐之男命が暴れたからとなっているのですが、神楽ではそれがカットされて描かれていない。それなら僕たちが須佐之男命側として演じることにより観客がストーリーに入り込みやすいように手助けしてあげられる、と。

さらには登場人物として演じるだけでなく、背景や小道具までも演出の道具にしよう、と思いました。これは僕の得意な身体表現を使った〝見立て〟の表現なのですが、石見神楽にはない〝黒子〟として物や道具を操ることで面白さが倍増するのではないか、と。例えば「黒塚」では上総介が直接悪狐に矢を放つのですが、その矢を複数のダンサー達が持って踊ることによって矢の速さ、鋭さ、力強さが表現できるんです。

兎にも角にもこの素晴らしい石見神楽に僕たちが関わることでもっと面白く、もっと表現の幅が広く深くなるといいな、と思いながらずっとやってきました。GF神楽は、僕の中ですごくモチベーションの高いプロジェクトになっています。

■Q6.次回の青年部とのコラボ作品へ向けて一言お願いします。

(藤田)

これまで青年部のみなさんと一緒に「岩戸」「黒塚」と2作品作ってきました。

次回は何をやるのか、どういう演出にしようか、今から楽しみです。

さらに今までよりも石見神楽とコンテンポラリーダンスががっぷり四つに組み合うことでしょう。

青年部のみなさんと僕たちとでしか出来ない素晴らしいものを作りあげていきましょう!!

2019年3月石見神楽×ダンス公演「IWATO」より

【藤田善宏 プロフィール】

振付家・演出家・ダンサー・デザイナー。パフォーマンスユニットCAT-A-TAC (キャットアタック)主宰。ダンスカンパニー コンドルズ メンバー。福井県出身。第72回文化庁芸術祭舞踊部門新人賞受賞。福井しあわせ元気国体開会式典演技振付総合監修。群馬大学非常勤講師。小栗旬や加藤シゲアキ主演舞台への振付やステージング、桐山照史主演舞台やNODA・MAP 、山田洋次監督演出ミュージカルへの出演、NHK教育番組の振付・出演他、MV、CM、舞台作品、振付出演多数。石見神楽などの伝統芸能とのコラボや児童演劇・幼児教育教材の監修など三世代間で楽しめるダンス劇作品や教育に力を入れる。愛猫家。プロレス・仏像愛好家。メガネ・アンティーク収集家。

石見神楽とのコラボレーション企画として2017年1月「浮世絵×ダンス×石見神楽」、2019年3月GF神楽「KUROZUKA」「IWATO」の振付、演出を行う。

 

今福座×島根県立浜田ろう学校 和太鼓アウトリーチ

和太鼓で分かち合う喜び

しまね伝統芸能祭の地域交流プログラムとして、島根県益田市匹見町を拠点とする太鼓打ち今福優さんと、「今福座」メンバーの堂本英里さんによる和太鼓アウトリーチを、島根県立浜田ろう学校で年間3回開催しました。

日本の伝統楽器「和太鼓」を通じて、4名の子ども達が自分を表現することの大切さや、音楽の楽しさを学ぶ中で、  今福さんが感じたことや、未来に繋げていきたいことをお聞きしました。

■今回の3回の和太鼓アウトリーチで感じたこと、

 子ども達の成長へのアプローチはどのようなものでしたか。

最初は子ども達も緊張していて、恥ずかしさや自信のなさが表情にでることもありました。

自分に自信がないと積極性がなくなってしまうのですが、今回は1回きりではなくて複数回続けて和太鼓体験と交流ができたので、次第に子ども達にも笑顔が生まれ安心しました。

回を重ねるごとに子ども達の「おもしろい!」「もっと打ちたい!」という気持ちが強くなってくるのを感じて嬉しく思いました。また、自信のなさなど自分の気持ちの中に乗り越えるものがある子が笑ったり喜んだりすれば僕も余計に嬉しく感じますし、本当の歓びが伝わってきます。

アプローチについては、子ども達はそれぞれの個性があるので、誰がどんな性格かというより一人ひとりを好きという気持ちと、信じる気持ちで太鼓が上手になってほしいと思って教えました。

和太鼓を通じて、これまでできなかったことができるようになるという嬉しさを感じることが大事だし、格好よく打てたり、リズムが上手にできたら一緒に喜ぶことで、どんどんやる気も出てきます。

まずはやる気が大切なので「嬉しい、楽しい、面白い」とやる気に繋がるようにハイタッチで喜びを共有し、大きな声で声掛けをしました。

それが伝わると僕らも嬉しいし、少しずつ伝わっていくことでまた次にチャレンジしたくなるのだと思います。

■それは技術的なことだけでなく、

 和太鼓の楽しさを一緒に共有するということでしょうか

そうですね、続けながら様子を見ていると、打つ人の気持ちがバチの振りや表情で直接的に感じられます。

まずはそういった“楽しい、嬉しい”と感じる気持ちで打つというのが大切だと思いました。

■『和太鼓を打つ』という体験を通じて、

  子ども達には沢山のことが伝わったと思います

それが和太鼓の力だと思います。

様々な表現や芸能があり、それぞれの伝え方や魅力があると思いますが、和太鼓は自分の思いを打ったらその分だけ音や振動が返ってくるのが強みであり魅力だと感じています。

また、太鼓は打つと同時に声を出してもいいし、唄を歌ってもいい、打ちながら表情で表してもいいし、踊ってもいい、どんな人でも全身全霊出せることも魅力です。

和太鼓を通じて彼らの持っているいいところを見つけ、伸ばすことで、できないことができるという自信に繋がりますし、自分では気づかなかった能力を見つけられるかもしれません。

それを導き出すのも僕たちの役割だと感じています。

■子ども達から受ける刺激はありますか?

僕たちの指導の技量が問われます 笑。

伝えるということは時間がかかるので、少しオーバーに言ってみたりジェスチャーを入れたりしました。

そこで僕自身もこんな教え方や伝え方ができるんだと感じられましたし、全ての表現を使って伝えなければ気持ちは伝わらないんだという気付きや、自分自身を引き出す機会にもなりました。

その気持ちをもって続けることで、子ども達の集中力や真剣さ、なんとか打とうとする思いが目の輝きで伝わってきました。その目を見ると僕も増々真剣になって、よし精一杯教えようと思えました。

■和太鼓体験を通じて伝えたいこと

太鼓を好きになってほしい、上手くなってほしいと思うのと同時に、スポーツやどんなジャンルにも言えると思うのですが「人間を育てること」が一番だと思っています。

和太鼓を通して引っ込み思案な自分を逆に笑い飛ばすくらいの笑顔でたくましく生きていってほしいと思います。

笑顔は自分の負の心を乗り越えた笑顔。たくましさは挑戦する心です。笑顔でたくましく、めげずに努力する人間に育ってほしいと思います。

■2020年度も継続して

 浜田ろう学校の子ども達と和太鼓体験を行います

すぐに上手くなったり、何か結果が出たりすることではないと思うので、次回以降も子ども達とコミュニケーションをとって、心を通わせながら行いたいと思っています。

コミュニケーションだけでは上手くならないのですが、和太鼓を通じて心を通わせることでやる気が起き、より高いところを目指せると思っています。

だから上手くなることだけでなく、打ちながら歌ったりダンスをしたりして普段あまりできないことや苦手なことにも挑戦し、自分のいろんな可能性を見つけていってほしいです。

また、子ども達だけががんばるのではなく、僕たちも手話を覚えてコミュニケーションをしたり、もっと伝える努力をしたいと思っています。

■和太鼓アウトリーチやワークショップで

 大事にしているものはなんですか

昔から親や大人が子ども達へ伝えていることが大事だと思っています。

あいさつ、履物を揃える、人のものはとらない、嘘をつかない、今を懸命に生きるなど先祖から受け継ぐ生き方の基本を和太鼓の中で伝えていきたいです。

偉そうなことは言えないですが、僕自身もいろいろと迷った時には人としてどちらがいいのか、人間として正しいのかで判断したいと思っています。自分の損得ではなく「人として正しい生き方」、今回もそれは思っていました。

子ども達にあまりに気を遣いすぎたり、機嫌をとりすぎたり、あれを言ったら逃げてしまうから伝えるのをやめよう、というのは違うと思っています。やっぱり正しいことは伝えられる機会をみて、コミュニケーションをしっかりとって、気持ちが通じ合った上で今だと思ったらきちんと教えることも必要だと感じています。

これから社会に出ていく子ども達にやっていいこと、だめなことに対して行動が伴えるように大人が伝えていけたらと思っています。

■最後に子ども達へのメッセージ

“感動”ある演奏を一緒に力を合わせてやりたいです。

それが自信に繋がり、新しい一歩になると思います。

目標は演奏になりますが、その前に自分がやる気を出すところまでいくために、人に喜んでもらったり、自分自身が楽しくなることが大切です。

まずは小さいことだけれど、できないことができるようになる喜びを感じること。打てないリズムが打てるようになるというのを積み重ねること。その最終結果が感動ある演奏に結びつくと思っています。

なので感動とはどういうものなのかを感じてほしい。

一生懸命さや必死さ、集中力は観る人に伝わります。

失敗してもそこに一生懸命さ、必死さ、生きる命の輝きがあれば人は感動します。そういう演奏をしてほしいし、一緒に力を合わせてやっていきたいと思っています。

みんなは太鼓を打つまでに乗り越えるものや苦労がありますが、だからこそ一生懸命太鼓を打てること、みんなと演奏できることは最高なんじゃないでしょうか。

和太鼓を通してできる限りのことを体験し、自分を発見し、自分の殻をやぶってほしいと願っています。

【プロフィール】

今福優

島根県益田市匹見町を拠点として活動している太鼓打ち。24歳の時に田耕(でんたがやす)氏率いる和太鼓グループ『鬼太鼓座』に入座、国内外の公演に参加。4年後に脱退したのち、7年間のサラリーマン生活を経て3尺1寸の大太鼓を含む太鼓一式を購入、ソロ活動を開始する。その大太鼓の打ち込みに定評があるほか、自身のふるさとに伝わる石見神楽を舞台用にアレンジした作品も数多く生み出している。2004年~2008年、東京で開催されてきた『青山太鼓見聞録』に出演。近年ではフランス・オーストリア・カナダ・モロッコなどへの海外遠征も行う。また、後進への指導にも力を入れており、和太鼓を通じた子供の育成や学校公演も精力的に取り組んでいる。


堂本英里
岡山県出身。1995年に石川県で開催された太鼓フェスティバル『壱刻壱響祭』で今福優の「神祇」の演奏を観て和太鼓を始める。1998年からの5年間は石川県にある浅野太鼓楽器店で太鼓製造に携わりながら和太鼓チームに所属、国内外での演奏経験を積む。2000年より今福優に師事、石川と島根を往復しながら芸の習得に励んだのち、2003年島根県に移住。島根県在住スタートと同時に地元道川神楽社中に在籍。保育園から中学生まで子供対象を中心とした太鼓指導も益田市、浜田市などでおこなっている。

SHIMANE TRADITIONAL CULTURE FESTIVAL

©2020 Grand toit ALL rights reserved.

  • Grey Facebook Icon
  • Grey YouTube Icon